ジャンクワードの森

2014年4月の読了数は13冊、少し減っていますが10冊以上はキープ

2014-05-02[読書2014年に読んだ本

3月はページ数の関係や移動が多かったこともあり、18冊も読んでいましたが4月はそこまでいかず13冊とある意味「通常ペース」の読了数となりました。ちなみに4ヶ月のトータルは58冊となっています。
2014年4月読了
読了数が伸びなかった要因の一つは、月頭に読んだ「狩場最悪の航海記」内容も複雑怪奇な上に478ページと長編だったため読み終わるのに予想外に時間がかかりました。でも伝奇好きはおすすめの1冊です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

その他、4月で評価が高かったのは(相変わらず評価は甘いのでほとんど4以上なんですけどね)、すでに上げた「狩場最悪の航海記」山口雅也著、「輝天炎上」海堂尊著、「泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。」永嶋恵美著、「努力しないで作家になる方法」鯨統一郎著、「消えた少女-吉祥寺探偵物語」五十嵐貴久著の5冊。

「狩場最悪の航海記」はあのガリバーが日本にやってきて、日本人の狩場という側用人とともに徳川の密命を受け航海にでる「旅行記」なんですけど、ガリバー旅行記のような不思議な冒険譚となっていきます。この作品は色んなことがてんこ盛りになっていて、前後関係の確認など読み進むのは結構大変ですが読了感は良いですよ。

「輝天炎上」は「ケルベロスの肖像」のアナザーストーリーで、天馬大吉、桜宮一族の生き残り(ネタバレになるので詳細は伏せます)目線での物語になっています。関連作品「螺鈿迷宮」などを読んでいないと少し入りきれない部分はあるものの、シリーズを通して読んでいる自分としては楽しめました。

「泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。」は実は後編となる「泥棒猫ヒナコの事件簿 別れの夜には猫がいる」を先に読んでいて初期設定が気になり手にした本でしたが、後編よりも主人公の皆実雛子が荒削りなところもあり、新鮮さを感じながら読ませてもらいました。でも、できればこっちを先に読みたかった^^

「消えた少女-吉祥寺探偵物語」はバツイチで息子と二人暮しの主人公・川庄が、ひょんなことから猫探しを依頼され、そこから探偵まがいのことを始めるのですが、猫だけではなく「消えた娘を探して欲しい」というディープな依頼を受けるところから物語が動き出します。消えた少女はどこに?そして意外な犯人とは?サスペンスドラマのような展開で進んでいきます。

目の肥えた読者なら早い段階で犯人の目星はつくと思いますし、多分裏切られることはないと思いますが、五十嵐貴久さんらしくテンポの良い展開と主人公・川庄の人間としての「弱さ」と「真摯さ」が物語に重みをつけてくれているので、サスペンス好きにはおすすめです。

「努力しないで作家になる方法」は前に書評のようなものを書いたので割愛。
努力しないで作家になる方法は、小説が「好き」であること

星が4つ以下の中では、沼田まほかるさんの「猫鳴り」が次点となる感じです。猫を中心とした1人の人物の物語で読んでいてつい涙腺が緩くなる作品でしたが、猫好きにとっては辛い部分もあったため4つに留めています(って完全に個人的な感情です)。

あと、、、、、
帚木蓬生さんの「蝿の帝国:軍医たちの黙示録」は実際の軍医たちの体験を元に作られているため、小説というよりもノン・フィクション作品に近いですが、それだけに重たく考えさせられる作品となっています。戦争について興味のある方にはおすすめですが、生々しい描写も多いので読むのに覚悟は必要になるかもしれません。

ということで、ここまでいいペースで読んでいますね。5月はゴールデンウィークがあって休み期間中は「読書の森」の更新にパワーを使うつもりでいるため、読了数は少し減るかもしれませんが、ストックや読みたい本も沢山あるので引き続き読書ライフを楽しみたいと思います。

期間 : 2014年04月
読了数 : 13 冊
消えた少女-吉祥寺探偵物語 (双葉文庫)
五十嵐 貴久 / 双葉社 (2014-04-10)
★★★★★ 読了日:2014年4月29日
ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件 (幻冬舎文庫)
七尾 与史 / 幻冬舎 (2013-08-01)
★★★★☆ 読了日:2014年4月26日
努力しないで作家になる方法 (光文社文庫)
鯨 統一郎 / 光文社 (2014-02-13)
★★★★★ 読了日:2014年4月24日
泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)
永嶋 恵美 / 徳間書店 (2010-11-05)
★★★★★ 読了日:2014年4月23日
蠅の帝国: 軍医たちの黙示録 (新潮文庫)
帚木 蓬生 / 新潮社 (2013-12-24)
★★★★☆ 読了日:2014年4月22日
輝天炎上 (角川文庫)
海堂 尊 / KADOKAWA/角川書店 (2014-02-25)
★★★★★ 読了日:2014年4月16日
全部抱きしめて (実業之日本社文庫)
碧野圭 / 実業之日本社 (2013-10-04)
★★★★☆ 読了日:2014年4月14日
猫鳴り (双葉文庫)
沼田 まほかる / 双葉社 (2010-09-16)
★★★★☆ 読了日:2014年4月11日
ほっこりミステリー (宝島社文庫)
伊坂 幸太郎 , 中山 七里 / 宝島社 (2014-03-06)
★★★☆☆ 読了日:2014年4月10日
五骨の刃  死相学探偵(4) (角川ホラー文庫)
三津田 信三 / KADOKAWA/角川書店 (2014-03-25)
★★★★☆ 読了日:2014年4月9日
サクラ咲く (光文社文庫)
辻村 深月 / 光文社 (2014-03-12)
★★★★☆ 読了日:2014年4月6日
SでもMでもなくこれは恋とか愛 (角川文庫)
サタミシュウ / KADOKAWA/角川書店 (2014-03-25)
★★★★☆ 読了日:2014年4月5日
狩場最悪の航海記 (文春文庫)
山口 雅也 / 文藝春秋 (2014-03-07)
★★★★★ 読了日:2014年4月4日

Sponsored Links

同じカテゴリの最新記事

運営者情報など

運営サポート

35-45 WOMAN

35-45WOMAN(サンゴーヨンゴーウーマン)は、「カッコいいけど身近」な女性向けWEBマガジン。

デザインとかコーディングとか、WordPressの構築とか裏側の部分を一通りやらせていただいています。

ブログ更新のアイテムとかスキルとか